ルパン三世
b0030720_43154.jpgルパン三世は、〈完璧主義者〉である。
けして〈ドジで女好きな三枚目〉などではなくて、
それを装った〈大天才〉である。
彼の悪魔的頭脳に騙されてはいけない。
もし彼がピンチに陥り苦しんでいても、たとえミスを犯して捕らえられてしまったとしても、その全ては〈演技〉であり、完璧に〈計算ずく〉なのだ。
そこを見誤っていてはいけない。

そんな天才は、〈退屈〉している。
我々凡人のように〈努力〉をして少しずつ〈成長〉をしたり、〈目標〉に向かい進んだりする喜びがない。
どんなことでも最初から簡単にできてしまうのだ。
だから人生というものに少し飽いている。
そこで退屈しのぎに、おじいちゃんのマネをして 〈怪盗〉を名乗って遊んでいるのだ。

どんな名画や宝石だろうと、もちろんお金なんてものには、さしたる興味はない。
それらを盗む〈プロセス〉だけを純粋に楽しんでいるのだ。
だからできるならば、そのお宝を盗み出すことが〈困難〉であればあるほどよい。
難攻不落な要塞のような警備を突破することが彼のお気に入りであり、それでも足らず〈犯行予告〉までしてさらに難易度を上げて、ゲームを楽しんでいる。

申し訳ないが、銭形警部など相手にもならない。
それでも凡人の中では彼は群を抜き優れており、気骨もあり正義感にも溢れた立派な警察官だ。
だから、お遊びである〈怪盗〉をするときにはライバル役をしてもらっている。
いつもあえてゆっくりと逃走したり、わざとらしく発見されたりしているのは自分でも少しあざといなと思いつつも、警部の執拗な追跡がないと寂しいのも事実だ。

峰不二子に対する演技は、さらにあざとく心苦しいときもある。
オーバーにくやしがるフリをしてみせるルパンの姿を真に受けて、見事に騙したつもりで「ごめんねルパン、今回はわたしの方が一枚上手だったわね」…などと彼女が喜んでいる姿は滑稽で哀しい。
だが、そんな愚かさが可愛らしくもある。
落とせない女などいないルパンにとって、どんなに追いかけても手に入れられない女…という設定自体がありえなくておもしろい。もし不二子の方から求めれば、逆にルパンは逃げてしまうのだが。
善悪の概念といったものに惑わされずに己の欲望だけを指針に突っ走れるという純粋さ、なにより手段を選ばないタフなハートが美しい。
もしも彼女がいなくなったとしたら、ルパンといえども大きな喪失感を感じるだろうし、おそらく不二子の代わりは他の誰にもできないであろう。
したがって、ルパンにとって不二子はやはり特別な存在である。

次元大介と石川五ヱ門。ルパンの右腕と左腕だ。
互いに認め合ったよき〈ライバル〉でもあり、命を預けられる大切な〈相棒〉だ。
彼ら2人と出逢えたことは、孤高の天才にとっての奇跡である。
自分と比べると全ての者が愚かで小さく見え、誰にも心を開くことのなかった孤独な魂が、ついに〈友人〉・〈仲間〉と呼べるような存在を得たのだ。対等の立場として会話ができるのも彼らだけだ。
そんな2人こそが、ルパンにとっての本当の宝であろう。

しかしながらルパンは、銭形や不二子はもちろんのこと、次元や五ヱ門に対してさえ自分の全てをさらけ出せているわけではない。
そもそもルパンは、自分の〈素顔〉を、彼らにすらまだ一度も見せてはいないのだ。
ドジなキャラを演じるための〈猿顔のマスク〉を、おそらく素顔だと信じているはずだ。
いや、次元だけは勘付いているのかもしれないが、次元の方からそのことを口にしたことはない。
マンガやアニメのファンたちも、あれが彼の素顔だと騙されている人が多いのではないだろうか?

稀代の天才であるルパンに憧れて彼の(素顔用マスクの)顔に変装したり、ルパンの名を騙ったりする者たちも多いようだ。
劣化コピーにすぎない偽者たちには当然、本物のような天才的頭脳もなければダンディズムもなく幼稚な三流悪党でしかない。
そんな〈偽ルパン〉を見分けるコツは色々あるが、例えば安っぽい〈赤いジャケット〉を着ているのは偽者の可能性が高いので要注意である。
ベンツSSKなどの高級クラシックカーを愛するルパンが、フィアットなどのスモールカーに乗っている可能性も低い。舌の肥えた彼がジャンクフードを食べることもほとんどないはずだ。
しかしながらそれは確率の問題であり、例外はもちろんあるだろう。
中央ヨーロッパのとある小国を舞台に彼が活躍したときには、ベンツではなくフィアット500を操り、張り込み時にはカップ麺を食べていたともいう。
変装と演技の達人である彼の正体を見破るのは大変であるが、〈ドジを装っている天才〉か否か、男も惚れるほどに〈カッコイイ〉かどうか、じっくりと見抜いていただきたいと思う。

b0030720_432882.jpg誰にも真実の姿や心の内を見せることがなく、その言動の〈全てが演技〉である完璧主義者。
そんな彼は、凡人の我々が想像できないほどの〈孤独〉や〈虚無感〉を常に抱いているであろう。

しかし、ルパンはまだ人生に絶望してはいない。
つまらない世界を、少しでもおもしろくしてやろうと今日も企んでいる。
黴臭い金庫にずっと閉じ込められているお宝があるなら、そいつを風に当ててやろう。
どこかの小悪党が度の過ぎた悪さをしているなら、ちょっとからかってからお灸をすえてやろう。

次は何をして遊んでみるかな?
いくぜ、相棒! ゲームを始めるぜ。




[PR]
# by seikiabe | 2007-08-03 08:27 | 雑記
オルガンの調べ
b0030720_0463592.jpg
 誰にだって、けして忘れられない大切な瞬間や景色というのが、きっとあるはずだ。
 胸の奥に鮮明に焼き付き、いつまでもずっと色褪せない場面。
 目を閉じればすぐに思い起こせる〈心の故郷〉とでも呼ぶべき映像があるだろう。
 〈現在〉に疲れたり〈未来〉に怯えたりした時、魂を癒すために還る場所。
 わたしにとってのそこは、〈幼稚園〉だ。
 わたしがわたしであるための核を作り育んでくれた場所。
 あの時代がなければ、わたしはきっと今のわたしではない。
 だから、わたしの心の故郷はあの幼稚園だ。
 
 なかでも強く印象に残っている場面は、初めてそこを訪れたときのものだ。
 太陽がとても眩しかったイメージがあるので、たぶん夏のよく晴れた日だったと思う。
 サファイア色に輝く空のあちらこちらに寝そべるコットンホワイトの雲。
 そしてその建物は、きれいなライム色だった。
 母に手を引かれたわたしは、その場所を一目見ただけでなぜか胸が弾んだのを覚えている。
 
 母と2人の新しい生活を始めるために移り住んだ海辺の町。
 ひどく臆病で人見知りだったわたしは、見知らぬ場所での暮らしが始まることに怯えていた。
 引越しをするのをとても嫌がって、移ってきた後もずっと黙り込んでいたり、急に泣き叫んだりすることもある不安で辛い日々が続いていた。
「あの人が変に甘やかせたから、わがままになっちゃって、もう」
 母はよくそう言ってため息をもらしていた。
 互いに激しく罵倒しあって別れた両親。人と人とが愛し合うことのすばらしさを教えてもらうことができないでいたわたしは、心に硬く重い鎧を纏うようになっていた。

 ゆるやかな丘を登った先にあるその幼稚園は、お世辞にも立派とは呼べないけれどとても素朴な温かみがあって、わたしはその場所を一瞬で大好きになってしまった。
 建物のすぐ脇には、わたしがこれまでに見たこともないような大きくて立派な樹が枝を思いっきり広げていて、その木漏れ日がきらきらと笑っていた。
 優しい緑色の扉の前には、少し錆びた赤いゲート。
 扉の向こうから、オルガンの音色がこぼれている。
 かすかに聴こえるその柔らかなメロディーは、すーっとわたしの胸の奥の方まで染み入ってきて、砂のように乾ききっていた魂をゆっくりと潤し始めた。
 オルガンの調べに、子供たちの歌声が重なる。
 ありふれた童謡で歌も演奏も拙かったはずなのに、わたしはその音色に激しく胸を揺さぶられた。
 心のどこかでずっと求め続け、それでもどうしても手に入れられなかったものを突然、手渡されたような感じだろうか。あまりにも嬉しすぎて戸惑ってしまう。
 気持ちが、溢れた。 
 そして気が付くと、わたしの頬は濡れていた‥‥。
「なにしてるの! 行くわよ」
 母に強く手を引かれて、わたしは目をこすりながらそれに従った。

 扉を開けて入ると、オルガンの音がようやくはっきりと聴こえた。
 初めて耳にするはずなのに、なぜか懐かしさで胸がいっぱいになる。
 やがてわたしたちに気付いて演奏は止まり、女の人が微笑んで立ち上がった。
 母がその人に、わたしを入園させたいのだと告げると、彼女は笑顔で大きくうなずいた。
「そうですか、大歓迎しますよ。わたくしはベアトリックス・ギュンターと申します。それでは、そこで少しだけ待っていただけますか」 

 女の人は、園長と思われる男の人を連れて戻ってきた。
 園長はとても背の高い人だった。
 彼は母と握手を交わし、さらにわたしの前にもしゃがんで手を差し出す。
 わたしはとまどいながらも、その大きな手を握り返した。とても温かかった。
 ひどい人見知りなわたしだったのに不思議とぜんぜん怖さは感じないで、その人の満面の笑顔につられて思わず微笑んでいた。
「はじめまして、マーク・ギュンターです。お嬢ちゃんのお名前は?」
「ケイ‥ティー‥‥」
「ホープ・ガーデンへようこそ、ケイティー! ここはもうきみの家だと思っていいんだよ。さあおいで、きみの兄弟たちを紹介しよう」

 子供たちは全部で7人いた。体格や顔つきも、髪や目の色もさまざまだ。
 二ック、リタ、バーニー、ファーレン‥‥やがて私の大親友になる子供たちだった。
「ねー、もっと、お歌しよーよ!」
 そんなマイペースなジャネットに他の子も続いて、たちまち自己紹介どころでなくなってしまう。
「そうね。じゃあ、ケイティーも一緒に歌おう!」
 女の人がオルガンの前に座ってその指が動き出した途端、再びあの不思議な音色が踊り始めてわたしを素敵な色で包み込む。
 まるっきり魔法だった。
 かなり古ぼけてはいるが、ありふれたオルガンのようにみえる。
 しかし、そこから流れ出す音は特別だった。
 その響きはまるで命を持った風のようでもあり、とても温かい光のようだった。希望というイメージを旋律が伝えて、生きる喜びを和音が謳いあげる。世界もわたしも甘いピンク色に染まってしまったような気分だった。
 そんな心地良い波に揺られていると、急にわき腹を突かれて我に返る。
「ほら、おまえも歌えよ!」
 わたしよりも背は低いのに、とても生意気そうな丸い目をした男の子だった。
 わたしはくやしくてその子をにらんだが、彼はにっこりと微笑む。
「この歌、知らないの?」
「知ってる‥けど‥‥」
「じゃ、歌お! ほら!」
 人前で歌ったことなどなかったわたしだったが、勢いにつられて歌い始めた。
 隣りの男の子が白い歯と立てた親指を見せる。それから何百回となく目にし、その度にわたしをいつも勇気付けてくれたニックのお得意のポーズだった。
 みんな、本当に楽しそうに歌っている。
 最初はささやくようだったわたしの声も次第に大きくなっていき、やがて気がつくとわたしはみんなと一緒になって大合唱していた。
 とてつもなく気持ちがよかった。
 その瞬間、これまでずっとずっとわたしを覆っていた固い殻が砕けて全部剥がれ落ちて、初めて世界の温度を肌で感じたような気がした。
 その時の感動は生涯忘れられない。

 これまでの30年近くの人生で、わたしは数多くの人たちと出会って、さまざまな経験をしてきた。しかし、人として本当に大切なことのほとんどは、あの幼稚園時代に学んだ気がする。
 まるで実の娘として以上にわたしを強く愛してくれたギュンター夫妻。時に厳しくもあり果てしなく優しかったマークとベティー。 
 人生の真実を教えてくれた、真っ直ぐな人たち。その純粋な魂。深い愛情。
 彼らには、どれだけ感謝しようとまるで足りない。


 そして今日、わたしは久しぶりにまた、このライム色の扉の前に立っている。
 白いドレスに包まれたわたしの手を引くのは、マーク園長だ。
 彼の影響もあって特定の神を信じていないわたしは、式を挙げるにはここしかないと思っていて、園長もそれを快諾してくれた。神などにではなく、友人たちに、自分自身の心に誓えばいいのだと言ってもらった。
「きれいだよ、ケイティー。本当におめでとう」
 髪こそ少し薄くなったもののまだ背筋の伸びた姿。その変わらない優しい横顔を見つめるだけで胸がいっぱいになる。
「さあ行こう。みんながお待ちかねだよ」

 園長の年輪を刻んだ手が、緑の扉を開く。
 その瞬間、弾けるような拍手とたくさんの笑顔がわたしたちを迎えた。
 オルガンの響きは、祝福の歌を高らかに歌い上げている。
 魔法はすっかり健在だ。
 その柔らかい音色とみんなの暖かい言葉に包まれると、溢れるような喜びが心の中をいっぱいに充たしていく。それはガスのようにわたしの中に詰まって膨らんで、体まで宙に浮かび上がりそうになってしまう。
 
 ベティーさんもお元気そうで本当によかった。
 お祝いに駆けつけてくれた、多くの友人たち。
 そして懐かしい兄弟たちの間を抜け、ゆっくりと歩いていく。
 みんな、ありがとう。
 女手だけでわたしを今日まで懸命に育ててくれた母。その涙まじりの顔にそっと手を合わせる。
 ありがとう。
 わたしの手を引いて進む、わたしに愛と真実を教えてくれた恩人。
 ありがとう。
 そして、わたしを待ってくれている愛する人。
 ありがとう。

 すべての人に、心から‥‥ありがとう。
 生きてきて、生まれてきて、よかったよ。
 
 これからの人生を伴に歩む愛する人のもとへと、わたしは歩いていく。
 オルガンの調べとみんなの笑顔が、世界を黄金色に染め上げている。
 きっと今日のこの景色も、わたしの心に鮮やかに焼き付くだろう‥‥。


                                              〈Kindergurden〉



[PR]
# by seikiabe | 2007-06-27 01:44 | ショートショート
おひさしぶりでございますm(_ _)m
b0030720_557368.jpg
このブログを放置状態にしてしまってからずいぶんと経ってしまいました。それなのに、いまだにここを訪れて下さる方がいてくださいます。
まことにありがたく、たいへん申し訳ないです。

あれから色々なこともあり、現在は笑顔を失ったような日々を過ごしている状況です。
けれど、前を向き、ゆっくりと歩いていきたいと思います。

のろのろとした更新になるでしょうが、できればまたここで記事を書いていきたいです。
今更ともお思いでしょうが、どうかよろしくお願いします。


[PR]
# by seikiabe | 2005-12-12 06:39 | 雑記
今日のリラックマ占い(2/26)
b0030720_16512326.jpg



「 今ちょっといなくなっていただけです 」







やっぱり、ブログやってる時間がありませんです。ごめんなさ~い。
まもなく戻って参ります! コメントもその時にさせていただきます。



[PR]
# by seikiabe | 2005-02-26 16:54 | リラックマ占い
生きる力
人はときどき、自分がたった独りぼっちでいるような気になります。
〔人生には価値がない〕、〔生きることに意味などない〕などと考えてしまうことがあります。
平凡で退屈な毎日に飽き、それなのに次々と襲い来る苦悩の連続に疲れ果てて、やがて
激しい自己嫌悪に陥って、すべてを投げ出したくなる時もあります。
けれどそれは、あなたの心が少しばかり疲れすぎて、見失っているせいなのです。
目を閉じて、ゆっくり深呼吸しましょう。
あなたのことを愛してくれている家族や友人たちのことを思い出してみてください。
そして、あなたのその肉体と魂の内には、強く揺るぎない〈生きる力〉がまるで溢れんばかりに
詰まっていることを、どうか忘れないでください。
あなたは、あなたであるだけですばらしい。
生きる価値のない人なんて、1人もいません。意味のない人生なんてないのです。
あなたがいてくれることで、喜び・助けられている人たちがいます。
生き続けていくことだけで、あなたは充分に成し遂げているのです。
世界はあなたに無関心ではないし、まして敵ではありません。
すべての〈命〉は、あらゆる〈人生〉は、重なり合い・つながり合っているのです。
だから、その〈つながり〉を絶つことなど、けしてできないのです。
僕も生きます、どんなに不様でも! みなさんも生き抜きましょうね!!

え~、それでは今日は、こんな僕の言葉なんかよりも、もっとずーっと深くて説得力を持った
〈心の糧〉となるような本を、いくつかご紹介させていただきたいと思いま~す。



まず最初にご紹介するのは、『天国の五人』です。
世界的・超ベストセラーのノンフィクション・『モリー先生との火曜日』の著者である、ミッチ・アルボムが書いた小説で、この作品もすでに全米で550万部を超えるというメガ・ヒットになっています。
これはエディーという、ある平凡な男の物語です。
彼はその生涯を、海の近くの小さな遊園地の〈メンテナンス〉として過ごします。とはいえ、けしてなりたくてなった仕事ではありません。
戦争の傷で片脚が動かないのもあり、父親が死んだ時にその後釜を継ぐ形になって、抜け出したいと思いながらもそれもできぬまま、ずっと油塗れで整備を行ってきました。
最愛の妻もずっと以前になくし、子供もいません。

そんな彼の人生は、担当するアトラクションの事故という、予期せぬ形で突然の終局を迎えます。
そして、この物語は、そこから始まるのです。
気付けばエディーは、不思議な場所に立っていました。どうやら、そこは〈天国〉らしいのです。
そして彼は、これからこの場所で、5人の人物と出逢うことになります。
彼らは、エディーにある重大なことを教えるために、ここでずっと彼を待っていたのです。
5人の話を聞くことで、エディーはじつに退屈だとばかり思っていた自分の人生の別の側面を知り、そして初めて、自分が生きてきた〈価値〉や〈意味〉に気が付くこととなるのです。
その人物たちが誰であるのかは、秘密にしておきましょう。
5人によって語られる、エディー自身も知らない彼の人生の物語は、非常に興味深いものでした。教訓を含んだ寓話としてもすばらしいし、5つの短編と捉えても、それぞれに魅力的な物語です。
何度も胸が熱くなりました。そして、5人目との邂逅を済ませたエディーが知った〈人生の真実〉を
伝えるラストシーンには、涙が溢れ出しました。
帯のコピーの通りに「ムダな人生なんて、ひとつもない」ということが、心の奥に刻み込まれました。
〈天国〉の存在は信じない僕ですが、こんな〈天国〉なら行ってみたいかもですね。
〈魂への贈り物〉という言葉がまさに相応しい、大感動の物語です。



つづきまして、『生きている ただそれだけで 美しい』です。
アウグスト・クリというブラジルの精神科医の方が書かれた本で、
ラテンアメリカを中心に大ベストセラーとなったメッセージ本です。
この本を読み自殺を思いとどまった…という声も殺到したそうです。
誰にでも伝わるシンプルな言葉でひたすらに綴られているのは、
生命への賛歌です。生きることのすばらしさです。
そして、この本を読んだ人は、あるとても重要なことを思い出します。
それは、我々ひとりひとりが〈歴史上最大の闘い〉の勝者である!
…という真実です。
あなたが今、こうやって生きていること自体が、いったいどれほどの奇跡的な成功のもとにあるか。そのことを忘れてはいませんか?
我々の誰もが、オリンピックで金メダルをとるよりも、エベレストの登頂を成し遂げるのよりも、さらにずっと困難なことを、すでにやってのけているのですよ。
それは、あなたが〈生まれた〉ということです。
競争率がじつに4000万分の1という、過酷で熾烈なレースの表彰台を力で勝ち取ったものにしか、この世界を見るチャンスは与えられなかったのですから。
すべての人はみんな、途方もない厳しい試練に打ち勝ち、群がりくるライバルたちをぶっちぎって、その結果として〈生〉という輝かしい勝利を獲得しているのです。
1人の〈生〉の栄光の影には必ず、4000万もの敗者たちがいます。
我々は、そのたった1人の、誇りある〈勝者〉であることを忘れてはいけません。
自分自身の強靭な〈生き抜く力〉、己の貪欲な〈生への執着〉をみくびってはならないのです。
あなたは、すでに〈勝者〉なのです。


つづきまして、『人はどうして死にたがるのか』です。
心理療法カウンセラーの下園壮太という方の本です。
こちらは逆に、なぜ人は〈生きる力〉を失ってしまって、〈自殺〉という最悪の道を選んでしまうか?…ということについて書かれています。
そういった心理を、論理的に、明解に説明してあります。
ときどき自殺を考えてしまう人も、そうでない人にも必読の書です。
内容を簡単にだけ言いますと、我々の遺伝子の中に組み込まれた「感情のプログラム」が、ときとして〈誤作動〉を起こすことによって、「絶望のプログラム」が発動してしまった場合に、人は〈死〉を選んでしまうというのですね。
本来は〈生きる力〉を強めるための「プログラム」が、皮肉にも結果的には、人を〈殺す〉ことになってしまうのです。
原始の時代から我々の中に宿った「感情のプログラム」は、危機的状況の中でも〈生き残る確率〉を高めるために、プログラミングされています。
しかし人類は、ほんのわずかばかりの間に、急激に生活環境を変化させてしまっています。
だから現代社会においては、その原始的な「プログラム」は、まったく対応できていないどころか、反対にその〈誤作動〉によって、〈生きる力〉を奪ってしまう形で作用することが多くなっています。
それが「うつ」というものであり、そのために人は〈死にたがる心〉を持ってしまうというのです。
そういったメカニズムについて、とても詳しく・解りやすく説明してあります。
さらにこの本では、「どうすれば〈誤作動〉を防げるか」についても書かれてあり、〈うつ〉になった人がどうやって回復していけばよいかも、丁寧に解説してあります。
精神論ばかりではなく、こうした科学的・論理的な知識を得ることは、必ずためになると思います。
なので、未読の方はぜひ読んでみてくださいませ。


そして続編の、『愛する人を失うと どうして死にたくなるのか』です。
こちらの本は、人の〈死にたくなる心理〉の中でも大きな要因となる「大切な家族や恋人や友人を失った場合」について特化し、さらに
詳しく書かれています。
「愛する人の死」に直面した人は、その大きな喪失感を埋めるすべを見つけられずに、どうしてもそれを受け容れることができなかったり、また自分自身を激しく責め立てたりすることで、いつしか自らも〈死〉を望んでしまう。そういった心理について解説してあります。
これもやはり同じく、〈誤作動〉によって〈間違ったプログラム〉が発動してしまったことによるものなのです。
強い衝撃をきっかけに、〈うつ〉の状態になってしまっているのです。
愛が深ければ深いほど、またその哀しみも深く、自覚はないままに「絶望のプログラム」を発動させてしまっているのですね。
「愛する人を失う」という悲劇は、誰もが遭遇し、そして乗り越えなければならない試練です。
そこで、「絶望のプログラム」を発動させないために、たとえ発動しても止められるように、このことを
知識として得ていることは重要だと思います。
「時が癒してくれる」ということももちろんですが、自分が〈うつ〉であることを認識して対処することも有効のはずです。
この本では、愛する〈家族〉・〈恋人〉・〈友人〉、さらには〈ペット〉を失ったそれぞれの場合について、そして失った相手が〈自殺〉だった場合についても、個別にその対処法が書かれています。
愛する人を失った〈直後〉・〈半年後〉・〈数年後〉といったようにも章が分けられ、それぞれの時期の人がどういう悩みを抱え、どうすればその苦しみから救われるかが、懇切丁寧に綴られています。
あなた自身が今まさにそういった状況にある人も、現在はそうではないという人も、読んでまったく損はないと思います。もし見かけた方は、手に取ってみてくださいませ。


生きるのに疲れ果てている方、道を見失いそうになっている方、そして人生の真実を知りたい方。
もし今回ご紹介した本がお役に立てれば、とても光栄です。
最後にもう一度だけ。かけがえのないあなたを、愛し、大切にしてあげてください。
生き抜きましょう! 僕も生きます!!



[PR]
# by seikiabe | 2005-02-26 00:00 | レビュー
今日のリラックマ占い(2/19)
b0030720_555813.jpg


「 こだわりってちょっとは必要 」







更新およびみなさまへのコメントがすっかり滞っていて、たいへん申し訳ございませんです。
しばらく非常に忙しくなりそうなので、なかなかブログに来られないかもしれません。
なんとかお許しいただき、できれば存在を忘れないでいただけると、とてもありがたいです。

〈こだわり〉といいますと、僕はこう見えてもかなり〈こだわる〉タイプだったりします。
たとえば、書きかけで〈停止〉もしくは〈封印〉してしまっている記事も多く、レビューなどは
テーマに沿ってある程度の数がまとまらないと公開しなかったり…。
自分の納得できない記事が載っちゃうのが許せないんでしょうね~、たぶん。
ま、単純に書く速度が遅い上に、推敲にも時間がかかるってのもありますが。
近頃はこのリラックマくんのおかげで、ゆるゆるなことも書いたりしてますが、心のどこかで
〈エンターテインメント〉としての記事を書かねば~!…って、変な意識があるのでしょうね。
〈アート〉と〈エンターテインメント〉という記事があるので、ご参考にしてください)
けれど、悩むほどに書くのは遅れ、結果的に〈エンターテインメント失格〉になってるのです。
こんな僕の記事でも楽しみにしてくださっている方には、本当にごめんなさい!!
いないとは思いますが、「あのさ、レビューとかもいいけど、小説の続きが読みたいんだけど」
…なんて方がおられましたら、お詫びのしようもございません。許してくださいm(_ _)m


あと、ちっちゃい〈こだわり〉は、それこそ山のようにあります。
みなさんは、どういった〈こだわり〉をお持ちですか?
それから、最近よかった本とか映画とかあったら教えてくださ~い♥



[PR]
# by seikiabe | 2005-02-19 06:59 | リラックマ占い
『ななつのこ』~心に染みるミステリ~
 〈騙される快感〉を味わいたくて、たくさんの本格ミステリを読んできました。
『十角館の殺人』 『殺戮にいたる病』 『頼子のために』 『ある閉ざされた雪の山荘で』
 
『i -鏡に消えた殺人者-』 『黒猫の三角』 『葉桜の季節に君を想うということ』、etc…。
 その驚嘆のラストに呆然とし、作者の緻密な計算と底意地の悪さに感服したものです。
 伏線は充分に張られて、目の前に大胆にヒントがぶらさがっていたのにもかかわらず、
明かされた真相は想像の外にあり、描いていた世界は突如捩れて反転してしまいます。
 〈論理性〉と〈意外性〉の二重奏。思考の盲点を衝く痛快な発想。作者と読者の頭脳戦。
 それこそがミステリの真髄でしょう。
 
 ただ欲を言えば、本格ミステリの多くは、トリックや怪奇性ばかりに傾いて、あまりにも
荒唐無稽になっていたり、その世界観に馴染めず登場人物にも感情移入できなかったり、
文章自体が読むに耐えないものすらあったりします。
 さらに、ミステリはどうしても〈殺人事件の犯人を暴く〉というストーリーが多いため、怨み
や憎しみといった人間の〈悪意〉が描かれる話になりがちです。
 例えば、〈愛して信じていた恋人が真犯人!〉だったりすると、意外性は充分な代わりに
後味はなんとも苦くなります。じつは最初から計画として近づいていただけで、愛どころか
ずっと憎んでいた…なんて告白され、しかも最後に自殺なんてされた日にはもう最悪です。
 読者への裏切りと、読後感の苦さは裏腹だったりします。

 そう思っていたある時、村瀬継弥さんの
『藤田先生シリーズ』を読みました。
 ある小学校に手品の得意な先生がいて、ときどき魔法のように不思議な現象を起こして
生徒たちを驚かします。そして、その魔法には先生からの暖かいメッセージが込められて
あり、それによって生徒たちが救われたりする…といったお話です。
 その先生の手品の種を解明する…というミステリなのですが、トリック自体は奇術の好き
な人なら想像のつくものだったりもします。文章も少し拙い感じがします。(ごめんなさい)
けれど、その世界や人間を〈善〉と捉えたメルヘンな物語は非常に心地のよいものでした。
 村瀬継弥さんの作品を読んで、〈読者を欺き、裏切る〉…それこそがミステリの魅力だと
思っていた僕は、〈読者を暖かい気持ちにするミステリ〉もありだな…と考えを改めました。

  そして同じ頃に、加納朋子さんの『ななつのこ』に出逢ったのです。

 『ななつのこ』は、入江駒子という短大生が、表紙の絵に惹かれ
「ななつのこ」という本を手にしたことから始まる物語です。
 駒子は、作者にファンレターを書きました。
 その手紙には、最近彼女の身の回りで起こった少し不思議な事件
についても書いていたのですが、ファンレターの返事には、その事件
の謎解きがされていたのです!
 そうした手紙のやりとりが主軸となったお話で、全部で7話からなる
連作短編集なのですが、作品の中の「ななつのこ」にもミステリ要素
があり毎回謎解きがあるという趣向のため、まさに謎解き満載の作品
になっています。さらに最終話では、全編にわたる最大のミステリも明かされて、1つの長編
ミステリとしても楽しめます。
 1つ1つの謎の解答は、勘のいい方ならあるいは気付くかもしれませんが、そんなことでは
この作品の価値は下がりません。
 駒子の日常を描いたその作品世界自体が、存分に魅力的なのです。
 ミステリとメルヘンの美しい融合がここにあります。


 続編となる『魔法飛行』は、4つの中篇による作品ですが、さらに完成度が増した印象を受けます。
 こちらも絶対必読ですよ。タイトルもいいですね。
 まさに心に染みる素敵なお話です。
 
 さらに続編の『スペース』が遂に出ました!
 こちらも心温まる良作です。ただし、前2作を先に読まれた方がよいでしょう。


 駒子シリーズ以外では、〔エッグ・スタンド〕というバーを舞台にした『掌の中の小鳥』も好きです。
 こちらも連作短編集になっています。

 日本推理作家協会賞を受賞した『ガラスの麒麟』も非常にすばらしい作品です。
 ここでは遂に殺人事件が起きるのですが、6つの切なくも美しい物語が1つに繋がるそのラストでは、胸に静かな感動が訪れることでしょう。

  加納朋子さんの作品は、ミステリとしても良質な…本格推理小説です。
  そしてその読後感は、驚きとともに、柔らかな光と爽やかな風に包まれたようです。




 
[PR]
# by seikiabe | 2005-02-19 00:00 | レビュー
今日のリラックマ占い(2/15)

b0030720_8234589.jpg


「もう一度だけなんて言わずに
 何度でもやってみてください」




『だららん日和 ~リラックマ生活2~』より



   『SEED DESTINY』、ちょっとず~つ盛り上がってきましたね。(まだまだですが)
   『DEATH NOTE』、5巻にきてちょびっと中だるみ? おもしろいんですけどね。
   『HUNTERxHUNTER』、21巻ようやくですね~。ドラゴンボール・ワールド全開??

   風邪やインフルエンザなどが流行っていますが、みなさまお気をつけくださいませ。
   もしかかってしまった人は、ちゃんと充分な休養と栄養を摂ってくださいね。
[PR]
# by seikiabe | 2005-02-15 00:00 | リラックマ占い
『雪を待つ八月』と『あの空をおぼえてる』
一撃でやられる時があります……。
本当にいい作品は、最初の1ページを読んだだけで、物語の世界にグイと引きずり込む力を持っているものです。『いま、会いにゆきます』や『博士の愛した数式』などは、冒頭の数行を読んだだけで迷いなく買うことができました。
自分の〈肌に合う〉作品だということが確信できたからです。
僕は〈平易な文〉が美しい文章だと思っています。やたらに凝った言い回しをしたり、妙に気取った装飾過多な文章、いわゆる〈美文〉は好きではありません。
日常的な語句だけを用いて読みやすく、それでいて内容や空気感が的確に伝わってくる…そんな文章が、本当の名文だと思っています。
〈機能美〉こそが真の美である…と信じているのです。
ありふれた言葉なのに新鮮な使い方をしているあたりにセンスを感じます。

狗飼恭子さんもそんな1人です。
そして『雪を待つ八月』の最初の数行には、本当にうなりました。

  約束をして下さい。
  「もしもいつか私以外の誰かを好きになったなら、そのときは、一番最初に私に言ってね」

〈恋する女の子〉の不安な気持ちを、真っ芯で捉えたような会心の一文だと思いました。
レジに直行です。

これは失恋の物語です。
優美は、年下の雪道という男の子と、2年あまり同棲していました。
「大丈夫だよ。俺は、他の誰かのことなんか好きにならない」
そう強く言ってくれた雪道。
しかし優美は、幸せすぎる毎日の中で、ずっと不安を抱いていました。
そして、ある晴れた夏の日。
雪道は「他に好きな人ができた」と優美に告げます。
彼は約束を守ったのでした…。
他に行くあてもない雪道に、優美は1ヶ月間、一緒に住むことを許します。

別れが決まった上で、まだ愛している人と共に暮らす。その優美の心の苦しみも知らず、
「……優美さんって、本当に優しいんだな」と笑う彼。
「〈優しい〉って言葉の意味も分からないくらい、君はまだ子供だったんだね」と思う優美。
こんなに近くにいるのに、遠く離れてしまった2人の心。
刻一刻と近付く別れの日。優美はどうしてもその現実を受け止めきれません。
そして彼女は、八月に雪が降るような奇跡を願う…という物語です。
とっても切ないお話ですね。女の人ならほとんどの人が共感できると思います。
男もこの作品を読んで、少しは女の子の繊細な気持ちを理解するように努力しましょう。


『あの空をおぼえてる』にも一発でやられました。

  ウェニーへ。
  ぼくも死んだんだ。二人がトラックにひかれたときじゃなくて、そのすぐあと、病院で。

ウィルは、空を飛び回ったあとで、ウェストフォール先生の電気ショックで地上に戻ってきました。
そして、今もまだ空で遊んだままでいる幼い妹ウェニーに宛てて、手紙を書き始めるのでした。
妹はとても明るくて、誰からも愛されていました。
目に光を失い心に穴が開いたような両親。
ウィルは、〈妹を殺したのはぼくだ〉、〈ぼくの方が死ねばよかったのに〉と思い込みます。
1人が欠けて、バランスを失って壊れ始める家族。
ウィルは、もう一度みんなに笑顔が戻ってほしいと願います。
〈みんなが家族でいられるように〉、そのために自分が生き返ったんだと信じるウィル。
ウィル自身が、その小さな身体には重すぎる苦しみを背負いながら、それでも家族のことを思って懸命にがんばる姿に、胸を打たれます。暖かいラストには涙が滲みました。
〈妹への秘密の手紙〉というスタイルにしたのがすばらしいですね。
愛する妹に心配を懸けまいとして、元気を出して綴った文章……それがほほえましく、切ないです。

どちらの作品も、僕の分類では〈メルヘン〉です。
そしてどちらも、1人称の文章が巧みで、自然に感情移入してしまいます。
こういった作品が、今の僕の目標です。



[PR]
# by seikiabe | 2005-02-12 00:00 | レビュー
ちょび前のリラックマ占い
b0030720_20431068.jpg


不安って 動物のシッポのようなもの






b0030720_1325625.jpg



やめるのも始めるのも きめるのは自分です



『だららん日和 ~リラックマ生活2~』より



〈復活〉は遂げたものの、まだ〈再生〉には到っていなかったのですが、まもなく充電完了します!

世間はワールドカップに盛り上がる中、よくも悪くも〈代理戦争〉な存在を複雑に見守る今日この頃。
スポーツといえども、どちらか一方(自国とかひいきのチーム)だけを応援はできない僕であります。
「どっちもがんばれ~!!」…じゃ、ダメですか?
[PR]
# by seikiabe | 2005-02-10 13:38 | リラックマ占い