〈アート〉と〈エンターテインメント〉

b0030720_1462471.jpg〈芸術〉とは、なんでしょうか?
人によってその解釈や定義はそれぞれ異なるでしょうが、僕は
〔作者自身のための、創作〕…を、〈アート〉と定義しています。
自分が描きたいものを描きたいように描いた絵画であるとか、
自分自身が救われるために紡がれた詩などが、アートです。
それに対して、周りの人を楽しませたり喜ばせたりすることを
第一義として創られたものを、エンターテインメントと呼びます。
ジャンルの問題でもレベルの問題でもなく、目的の違いです。
たとえ自分のために創り出したアート作品であっても、それに
触れた人たちが感動することは大いにありうるでしょうし、逆に
多くの人に楽しんでもらおうと思って創られた作品であっても、
単なる独りよがりにすぎない…と評価されることもありえます。
しかし問題なのは、作者の目的意識です。結果ではありません。
特別にそういった意識をすることなく創作を行っている人も多いでしょうが、やはりどちらかに
二分されるものだと思います。あなたの作品はどうですか?
ちなみに、僕はこのブログをエンターテインメントとして、書いています。
もちろん、自分が書きたいから書くのだし、書きたくもないことは絶対に書かないのですが、
読んでくださった人にとって、ちょっとでも楽しいことが増えてほしい、わずかなりとプラスに
なってもらいたいという願いを込めながら、キーを打っております。
以前アップした〈自由人〉という作品だけはアートですが、その他の小説やレビューなどは、ほとんどがエンターテインメントです。
本当に読者に喜んでいただけたかはともかく、僕の目的としてはそうなのです。
でも、今回の記事はかなりアーティスティックになってますね~。ごめんなさい。

あまりにも優れた〈アート〉作品は、反対に、凡人が理解することはできなくなります。
才能ある人が才能ある人のために創り出したものなので、レベルが高すぎるのです。
芸術で食べていくことが困難なのは、そのためです。
死後に評価されれば、まだよいほどでしょう。
まあ、自分のために創った作品なのに、他人様からお金をいただこうというのが、そもそも図々しいことなのですけれども。だからといってエンターテインメント作品を創ることもできず、
アートすることでしか生きていけない人こそが、真の〈芸術家〉です。
その辺のミュージシャン連中が、アーティストを名乗るのは不遜です。シューマンやゴッホ
や中原中也たちに、手を付いて謝ってほしいと思います。
『あいだみつを物語』を観ながら、なんだかちょっと考えました。(ノリさん、好演でしたね~)

また、たとえばハリウッド映画はエンターテインメントで、ヨーロッパ映画はアートです。
それは、映画というものを、それぞれの国の人たちが、そういう風に捉えているからです。
ハリウッド映画は誰にでも解り易く、最後にはハッピーエンドが待っています。
ヨーロッパ映画は非常に独創的ですが、不親切で、カタルシスもあまりありません。
どちらも一長一短ですよね。
たとえば、フランスのリュック・ベッソン監督。彼の出世作である『二キータ』という映画は
ご覧になられたでしょうか? そして、そのハリウッドでのリメイク作である『アサシン』。
この両者を連続で観ると、非常に興味深いです。

そのリアルな演出とか重苦しい空気感など圧倒的に『ニキータ』が勝っていて、まさに〈大人と子供〉という感じです。
それに比べて見事に薄っぺらな『アサシン』なのですが、その観易さや解り易さ、そしてラストなどのストーリの変更点、それによって生まれたカタルシスなど、なかなかどうして『アサシン』が上回る部分も多いのですよ。
最終的には、好みの問題になるでしょうね。


そして、ハリウッドに渡ったリュック・ベッソンが創り出した、『レオン』。
これこそが、ヨーロッパとハリウッドの映画、つまりアートとエンターテインメントが融合し誕生した
両者の長所を併せ持った大傑作となるのです。

『二キータ』で、〈掃除人〉として登場したジャン・レノのキャラクター(ちなみに『アサシン』では、ハーヴェイ・カイテルが演じています)
を膨らませた物語で、クールな殺人機械としての顔と、とぼけたいい親父の顔を持つレオンが、非常に愛すべき人物像になっています。
ニューヨークを舞台にしながらも、どうみてもヨーロッパの街並みだとしか思えない独特の色遣い。ユーモラスなシーンと迫力あるカットの両方が肌理細やかに描かれ、通奏低音として流れ続ける哀しみの響きが加わった物語は、じつに美しく…儚く…魅力溢れるものです。
そして、激しく盛り上がるクライマックスの後に訪れるのは、あまりに切なすぎるハッピーエンド。涙と感動が止まりません。奇跡のように完璧なバランスです。ベッソン自身も二度と再現できないほどに…。


たとえば、黒澤明監督や宮崎駿監督の、あまりにもこだわりすぎの芸術的娯楽映画。
『ファースト・ガンダム』や『旧ルパン』など、時代よりも先に行きすぎて、理解されなかった作品。
天才アーティストの松本人志と、豪腕エンターティナーの浜田雅功の名コンビ、『ダウンタウン』。
アートとエンターテインメントの接点にこそ、もっともすばらしい何かが生まれるような気がします。

軽い感じで書き始めつつも、けっこう長く、なんだかレビュー風にまでなってしまった今回の記事。
これでは完全に、エンターテインメントとしては失格ですね~。
それでも、こんなような文章からでも、わずかでも何か拾ってくださる人のいることを信じて……。



[PR]
by seikiabe | 2004-12-14 23:01 | 雑記 | Comments(38)
Commented by hikarinonakani at 2004-12-15 00:16
うーん ・・ 私のブログは前にお話ししたとおり心で感じているものをつたない言葉にして一気にキーを叩いているので・・・「作品」として完成されないままの下書きかなぁ・・・。
Commented by hikarinonakani at 2004-12-15 00:17
みすたーseiki さん、私はきっとだいじょうぶです。いつもありがとう。ありがとう。
Commented by seikiabe at 2004-12-15 00:25
み~たんの詩は、アートだね。
でも、ちゃんと読んだ人たちの胸に響いてるから、すごいです。
Commented by seikiabe at 2004-12-15 00:30
きっと…というのが、あやしすぎるぞ~。
ダメかもだけどってことじゃんか~。
Commented by hikarinonakani at 2004-12-15 02:18
えっと ・・ ぜったいにだいじょうぶですっ!!
Commented by seikiabe at 2004-12-15 02:27
わかったよ。
信じてるからね。
おやすみなさ~い♥
Commented by the-Plough at 2004-12-15 03:12
僕のはどうなのかなぁ?と考えたところで
どちらでもないですね^^;
芸術って分野には属していないですよね^^;
小説でもなく詩でもなく写真でもなく・・・
まあ落書きってところでしょうか(爆)
でもこの二分の定義は参考になりますね(^^)
今後様々な作品を見るうえで^^
ところで話は変わりますが「カイジ」の人気が
別なジャンルでも証明されつつあるようです。
seikiabeさんはたぶんされないと思いますが
「パチスロ」←パチンコ屋にあるスロットマシーン
みたいな感じです^^;
このパチスロ機でカイジが使われています。
かなり脱線してしましました <(_ _)>
Commented by seikiabe at 2004-12-15 06:46
the-Ploughさん、おはようございまーす!
定義は、僕の勝手なものなのですが、何らかの目安になるようでしたら幸いです。
ちなみに、the-Ploughさんの作品、僕の印象としましては、
〈エンターテインメント的な詩〉…て感じなのですが。
読者に〈伝わる〉ことを、かなり意識されているように思えますし。

ところで、『カイジ』のパチスロがあるのですね~。
そういった方面には疎いため(お酒・タバコ・ギャンブルは全部ペケなので)、
ぜんぜん知りませんでした。ありがとうございます。
カイジ以外のキャラも登場するのですかね?
利根川がしゃべったりするとおもしろいかも…。
Commented by seikiabe at 2004-12-15 07:40
はに~ちゃんは扉を閉めちゃってるし、
音羽さんが、またいなくなっちゃったよ~(ToT)
どうして~??
淋しいよ~
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-15 08:56
おはよ^^ いや、少し考えちうだったから、またいちから出直しv
淋しい想いをさせてしまって、ごめんね(ぺこり)
Commented by seikiabe at 2004-12-15 15:06
はに~ちゃんは、アートで書いてるからね‥‥。

僕は大丈夫だよ。
だけど、はに~ちゃんの言葉や写真に会いにゆくのを毎日楽しみにしてたり、
その場所を必要としてる人だって、他にもたくさんいると思うんだ。
だから、そんな人たちの気持ちも考えてあげてね。
Commented at 2004-12-15 17:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seikiabe at 2004-12-15 20:41
ごめんね。
でも、他人の目を気にするっていうのと、他の人の気持ちも考えるっていうのは、
ちょっと違う気がするよ。
でも、よいです。また考え事ふやしちゃうとダメだから‥。
ゆっくり休憩してね。
Commented by hikarinonakani at 2004-12-15 22:23
seiki さん、今日、何度も遊びにきてくれたのにずっと留守にしていてごめんなさいでした。元気です。
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-15 23:06
ありがとうです^^ 必要ですよ・・と言いに来ました^^
それからね、ぶーたん、復活させておきました。
Commented by infinitelight at 2004-12-16 00:32
わたしは大学で、ずっと純文学を勉強して、そのまま卒論書くつもりが、
突如、「児童文学に於けるエンターテイメント」に方向転換、勢いだけで
卒論書きました(笑)今でも、その決断は良かったと思っています。
もっと本質的なところで、楽しんで本を読む、という原点に帰り
たかったんです。一字一句を論評しているうちに、大事なものを見失って
しまったように感じました。多分、文学に関わる人たちの永遠のテーマ
でしょうね(^^)私自身は、今は、そういう場所とは関係ないところで
書きたいし、書いているつもりです(笑)

Commented by the-Plough at 2004-12-16 01:43
確かに僕の場合はそれぞれをそれぞれの相手に
向けて書いてるものが多いのでエンターテインメント的って
感じですよね^^
納得しました(^^)ありがとうございます(^^)
それと関係ない話題ですが一度書いたので続けさせて
いただきます^^
カイジはまだ打った(ゲームした)ことがないのですが
近くに設置された場合は打つと思いますので演出関連を
見ておきますね^^
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-16 06:04
おはようです^^
Commented by hikarinonakani at 2004-12-16 09:08
おはよう♪
Commented at 2004-12-16 13:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2004-12-16 13:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2004-12-16 20:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seikiabe at 2004-12-16 22:48
み~たん、はに~ちゃん、お返事遅くなってごめんなさい。
また、後で遊びに行きま~す♥
Commented by seikiabe at 2004-12-16 22:58
infinitelightさんへ
なるほど。かつて純文学をお勉強されていたのですね。
読書はあまりなさらないとおっしゃいながらも、ああいった格調高い文体
をされている理由の1つが判った気がいたします。
そして、infinetelightさんも、アート以上にエンターテインメントに魅力と
広がりを感じられたのでしょうか。
僕も絵本や児童文学こそ、最上級のエンターテインメントだと感じています。
なんにせよ、楽しいのが一番ですよね。
Commented by seikiabe at 2004-12-16 23:04
the-Ploughさんへ
コメントありがとうございます。
アートとエンターテインメントって、けしてどちらが上とかいうことではなくって、
どちらもすばらしいものですよね。
the-Ploughさんの詩は、解り易く、伝わり易くという工夫をすごくされているようなので、
やはりエンターテインメント的だと思いますね。
というか、そもそもサービス精神の旺盛な方ですよね。

カイジのパチスロの情報、お待ちしてますね。
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-17 07:50
おはよっす^^
Commented by seikiabe at 2004-12-17 08:50
おはよ~♪
Commented at 2004-12-17 13:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seikiabe at 2004-12-17 14:32
2004-12-17 13:09さん、了解しました。
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-17 20:13
こんばんは^^  文字の大きさ変えられました^^
ありがとうございました。 少し落ち着いた感じです^^
Commented by seikiabe at 2004-12-17 20:34
はに~ちゃん、こんばんは!
よかったね~^^
後で、遊びに行きま~す♪
Commented by Greenleaves3peace at 2004-12-17 23:26
ありがと~^^
今日は寝ますね^^ おやすみなさ~い♪
Commented by the-Plough at 2004-12-18 01:14
メーカーのサイトに演出が幾つか公開されていました^^
残念ながら利根川の演出はまだ公開されていませんが
画像は公開されてますので演出ありそうですよ^^
興味のない皆様ごめなさい^^;
これでスロネタやめますね。

http://www.rodeo.ne.jp/catalog/kaiji/0004.html

ところで上の「ミニ・ミステリ」なのですが・・・
僕にはまったくわかりません^^;
すっかり頭の柔軟性がなくなってしまったようで^^;
プリントアウトしてもう少し考えてみます^^
糸口さえ見えないから無理っぽいけど^^;
Commented by sayu1969 at 2004-12-18 14:02
こんにちはー。

確かにそうですよね。。。芸術は感じるものですもんね。
感性が自由になると、人も強くなるような気がします。

またわけわかんないこと言ってるかも。(苦笑

体調お気遣いありがとうございます。

なんとか平日を乗り越えたので、もうちびっと
こなし系の仕事を片して、今日はのんびりしようと思います。
のんびりと、初チャレンジもので。(笑)
Commented by sizukugaotita at 2004-12-19 18:27
思わず「なるほど」と唸ってしまいました。
様々な芸術に触れたseikiabeさんだからこそ語れる話ですね。

私はどうなのだろう、とわが身に変えて思いました。
私の場合は、ときに「エンターテインメント」になりますが、大半は「アート」寄りですね。
だからこそ文章ばかりのブログになっているのだと思います。
「エンターテインメント」として生きるか、「アート」として生きるか。
どちらにもメリットとデメリットがあって、難しいところですね。
Commented by seikiabe at 2004-12-20 10:19
the-Ploughさん、どうもです~!
サイト、覗いてみました。
キャラクター、いっぱいいますね~。利根川もセリフ言ってましたね。
とってもおもしろそうでした~。ありがとうございます。
本物はできないので、もしゲームにでもなったら、ぜひやりたいです!

「ミニ・ミステリ」、簡単なので、もう一度考えてみてくださいませ~。
Commented by seikiabe at 2004-12-20 10:23
キスミーさん、こんにちはー!
そうですね。芸術は、理解ではなく、感じるものですよね。
生活に必需ではなくても、感性を磨く上などで、人生にとって必要ですよね。
キスミーさんの詩は〈アート〉的だと思うのですが、どうですか?
また後ほど、遊びにいかせていただきま~す♥
Commented by seikiabe at 2004-12-20 10:35
はるナさん、こちらにもコメントありがとうございます。
〈アート〉と〈エンターテインメント〉、難しい選択ですよね~。
ただ職業とするには‥と思い、僕は現在は〈エンターテインメント〉志向なのですけども。
〈アート〉で書いていた頃の作品は、一般の方には難解すぎるものが多かったですし、
やっぱり多くの人に喜んでいただきたいので。
はるナさんの作風はいい意味で非常に解りやすいので、たとえ〈アート〉で書かれても、
〈エンターテインメント性〉も、備えているように思いますよ。
人柄の良さが出ているのもあると思いますし、マニアックには陥らないようにな気はします。
まあ、シングル曲とカップリング曲のようにして、両方を発表していくのもよいと思いますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 〈クイズ〉と〈パズル〉 g@me >>