『ななつのこ』~心に染みるミステリ~
 〈騙される快感〉を味わいたくて、たくさんの本格ミステリを読んできました。
『十角館の殺人』 『殺戮にいたる病』 『頼子のために』 『ある閉ざされた雪の山荘で』
 
『i -鏡に消えた殺人者-』 『黒猫の三角』 『葉桜の季節に君を想うということ』、etc…。
 その驚嘆のラストに呆然とし、作者の緻密な計算と底意地の悪さに感服したものです。
 伏線は充分に張られて、目の前に大胆にヒントがぶらさがっていたのにもかかわらず、
明かされた真相は想像の外にあり、描いていた世界は突如捩れて反転してしまいます。
 〈論理性〉と〈意外性〉の二重奏。思考の盲点を衝く痛快な発想。作者と読者の頭脳戦。
 それこそがミステリの真髄でしょう。
 
 ただ欲を言えば、本格ミステリの多くは、トリックや怪奇性ばかりに傾いて、あまりにも
荒唐無稽になっていたり、その世界観に馴染めず登場人物にも感情移入できなかったり、
文章自体が読むに耐えないものすらあったりします。
 さらに、ミステリはどうしても〈殺人事件の犯人を暴く〉というストーリーが多いため、怨み
や憎しみといった人間の〈悪意〉が描かれる話になりがちです。
 例えば、〈愛して信じていた恋人が真犯人!〉だったりすると、意外性は充分な代わりに
後味はなんとも苦くなります。じつは最初から計画として近づいていただけで、愛どころか
ずっと憎んでいた…なんて告白され、しかも最後に自殺なんてされた日にはもう最悪です。
 読者への裏切りと、読後感の苦さは裏腹だったりします。

 そう思っていたある時、村瀬継弥さんの
『藤田先生シリーズ』を読みました。
 ある小学校に手品の得意な先生がいて、ときどき魔法のように不思議な現象を起こして
生徒たちを驚かします。そして、その魔法には先生からの暖かいメッセージが込められて
あり、それによって生徒たちが救われたりする…といったお話です。
 その先生の手品の種を解明する…というミステリなのですが、トリック自体は奇術の好き
な人なら想像のつくものだったりもします。文章も少し拙い感じがします。(ごめんなさい)
けれど、その世界や人間を〈善〉と捉えたメルヘンな物語は非常に心地のよいものでした。
 村瀬継弥さんの作品を読んで、〈読者を欺き、裏切る〉…それこそがミステリの魅力だと
思っていた僕は、〈読者を暖かい気持ちにするミステリ〉もありだな…と考えを改めました。

  そして同じ頃に、加納朋子さんの『ななつのこ』に出逢ったのです。

 『ななつのこ』は、入江駒子という短大生が、表紙の絵に惹かれ
「ななつのこ」という本を手にしたことから始まる物語です。
 駒子は、作者にファンレターを書きました。
 その手紙には、最近彼女の身の回りで起こった少し不思議な事件
についても書いていたのですが、ファンレターの返事には、その事件
の謎解きがされていたのです!
 そうした手紙のやりとりが主軸となったお話で、全部で7話からなる
連作短編集なのですが、作品の中の「ななつのこ」にもミステリ要素
があり毎回謎解きがあるという趣向のため、まさに謎解き満載の作品
になっています。さらに最終話では、全編にわたる最大のミステリも明かされて、1つの長編
ミステリとしても楽しめます。
 1つ1つの謎の解答は、勘のいい方ならあるいは気付くかもしれませんが、そんなことでは
この作品の価値は下がりません。
 駒子の日常を描いたその作品世界自体が、存分に魅力的なのです。
 ミステリとメルヘンの美しい融合がここにあります。


 続編となる『魔法飛行』は、4つの中篇による作品ですが、さらに完成度が増した印象を受けます。
 こちらも絶対必読ですよ。タイトルもいいですね。
 まさに心に染みる素敵なお話です。
 
 さらに続編の『スペース』が遂に出ました!
 こちらも心温まる良作です。ただし、前2作を先に読まれた方がよいでしょう。


 駒子シリーズ以外では、〔エッグ・スタンド〕というバーを舞台にした『掌の中の小鳥』も好きです。
 こちらも連作短編集になっています。

 日本推理作家協会賞を受賞した『ガラスの麒麟』も非常にすばらしい作品です。
 ここでは遂に殺人事件が起きるのですが、6つの切なくも美しい物語が1つに繋がるそのラストでは、胸に静かな感動が訪れることでしょう。

  加納朋子さんの作品は、ミステリとしても良質な…本格推理小説です。
  そしてその読後感は、驚きとともに、柔らかな光と爽やかな風に包まれたようです。




 
[PR]
by seikiabe | 2005-02-19 00:00 | レビュー | Comments(14)
Commented by sumi0313 at 2004-10-14 03:17
ミステリは普段あまり読まないんですが、
『十角館』は昔友達にすすめられて読んで、ひたすらすごい!って思ったのを覚えてます。
でも、読んだあとに心があったかくなるミステリもあるんですね~
今度久しぶりにミステリ読んでみようかな…
Commented by seikiabe at 2004-10-14 11:40
お越しいただき、コメントまでくださってありがとうございます。
ミステリもいいものですよ。ぜひぜひ読んでみてください。
今後も傑作ミステリの紹介をしていきますので、
よろしかったらご参考にしてみてください。
Commented by igossomama1222 at 2004-10-15 00:17
きょうは、コメント頂きありがとうございました。(o*。_。)oペコッ
自作の小説ですか。すごいです♪
私なんか、長い文章書けないんで、(だから一言集なの(-_-;))
ホントに羨ましいです。
また、遊びに来ますね。
これからも宜しくです^^
Commented by seikiabe at 2004-10-15 01:50
igossomama1222様、いらっしゃいませです。
今後ともよろしくお願いします!
そちらのサイトはアニメたっぷりですごいですよね~。
僕は時計すら付けられません…。
更新も多くて尊敬してしまいます。

Commented by igossomama1222 at 2004-10-15 10:11
時計はね、超簡単なの。
http://www.butabon.com/clock.htm
この、サイトに行ってみて♪
気に入った時計を選んでそこに書いているソースをメモ張に
貼り付けると、ほら出来上がり^^
リンクありがとうです。
私もリンクさせてもらいま~す。(。-_-。)ポッ.。o○
Commented by seikiabe at 2004-10-15 14:20
時計ありがとうございました。
デザイン色々あっても、やっぱり
シンプルなのにしちゃいますよね~。
Commented by igossomama1222 at 2004-10-15 22:57
ついてる、ついてる。。。
やりましたね♪ おめでとう (σ・∀・)σゲッツ!!
やっぱり。シンプルが一番っしょ!!

〈名探偵の名推理〉は、いいですね。わくわくしちゃいます。
がんばってね。ちょくちょく見にきますから。
Commented by つずみ at 2004-10-28 14:45 x
こんにちは。今日はコメントとTBありがとうございました。
(こちらからもTBさせていただきました。よろしくお願いします)
「ななつのこ」、日常に謎を見つけているというところがいいですよね~。
私はあまりミステリは読んできていないのですが、それでも「ななつのこ」にはこんなミステリもあるんだなぁと新鮮な感じがしました。
駒子やその周りの人物がとても身近に感じられる作品ですよね。
「スペース」が未読なのですが、是非読みたいと思ってます(^^)
Commented by seikiabe at 2004-10-28 22:18
つずみさん、いらっしゃいませ!
コメント&トラバありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
僕も最近〈日常の謎〉の小説を書いております。
もしも気が向かれたら、読んでみてくださいませ。
では、またそちらにも遊びにいかせていただきますね。
Commented by sizukugaotita at 2005-02-09 17:33
わ~、また買っちゃそー><
王子のレビューは、いつも魅力的だから、ずるいじょー。
ミステリって難しいんですね。
他のジャンルよりも、どんでん返しや伏線を強く欲求されているようで、
私にはとうてい書けそうにないです……。

ミステリ分野、いろいろ読んでみようかな~。
Commented by seikiabe at 2005-02-09 18:01
るなるなへ
お~、また買ってくれそうかも~。まいどあり~^^
ミステリ書くのはすごく難しいけど、それがまた楽しいよ~♪
とりあえず、読むのはいっぱい読んでみてくださいな。
また他の名作ミステリのレビューも書いていきま~す^^
Commented by hama_zo at 2005-05-10 14:50
ども、こんにちは。
加納朋子・・・恥ずかしながら知りませんでした。。
「日常の中のちょっとしたミステリ」って言うと、北村薫さんを思い浮かべるんですが、似た様な感じですかね?
Commented by Cinso at 2005-07-13 06:20 x
はじめまして。
加納朋子、めちゃくちゃ好きです。
駒子もいいのですが、「ささらさや」すっごく泣けます。
加納さんはいわゆる「日常の謎派」ミステリ作家で、
北村薫の影響を受けて鮎川哲也賞でデビューしたんですよね。
Commented by youme at 2005-08-07 07:37 x
booklogへのトラバありがとうございます☆
 私もすっかり加納朋子ファン! になっちゃいました。
 文庫以外は、図書館で予約して(かなり待ちました、旧作なのに!)借りて読みましたが、全体的にやっぱり「ななつのこ」のテイストなんですよね。
 加納さんの作品を読んでいると、なんとなぁく過ごしてしまってる日常を愛おしむキモチが持てる気がします。
 
 そしてそして!
 私も藤田先生のお話が好きなんです。
 光文社の「本格推理」に掲載された時からすごく気になってて、プロデビューされた時にはとっても嬉しかったんです。
 なんと、図書館では「閉架」ということで職員さんに取りに行ってもらわないと手にすることができなかったですが・・・やっぱりほんわかしちゃいました。
 あんな先生が居たらいいのになって思いましたよ。
 あまり知名度の高くない作家さんなので、読まれた方に出逢えたのはとても嬉しいです!

 <私の通常blogへのトラバさせていただきました>
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今日のリラックマ占い(2/19) 今日のリラックマ占い(2/15) >>