ルパン三世
b0030720_43154.jpgルパン三世は、〈完璧主義者〉である。
けして〈ドジで女好きな三枚目〉などではなくて、
それを装った〈大天才〉である。
彼の悪魔的頭脳に騙されてはいけない。
もし彼がピンチに陥り苦しんでいても、たとえミスを犯して捕らえられてしまったとしても、その全ては〈演技〉であり、完璧に〈計算ずく〉なのだ。
そこを見誤っていてはいけない。

そんな天才は、〈退屈〉している。
我々凡人のように〈努力〉をして少しずつ〈成長〉をしたり、〈目標〉に向かい進んだりする喜びがない。
どんなことでも最初から簡単にできてしまうのだ。
だから人生というものに少し飽いている。
そこで退屈しのぎに、おじいちゃんのマネをして 〈怪盗〉を名乗って遊んでいるのだ。

どんな名画や宝石だろうと、もちろんお金なんてものには、さしたる興味はない。
それらを盗む〈プロセス〉だけを純粋に楽しんでいるのだ。
だからできるならば、そのお宝を盗み出すことが〈困難〉であればあるほどよい。
難攻不落な要塞のような警備を突破することが彼のお気に入りであり、それでも足らず〈犯行予告〉までしてさらに難易度を上げて、ゲームを楽しんでいる。

申し訳ないが、銭形警部など相手にもならない。
それでも凡人の中では彼は群を抜き優れており、気骨もあり正義感にも溢れた立派な警察官だ。
だから、お遊びである〈怪盗〉をするときにはライバル役をしてもらっている。
いつもあえてゆっくりと逃走したり、わざとらしく発見されたりしているのは自分でも少しあざといなと思いつつも、警部の執拗な追跡がないと寂しいのも事実だ。

峰不二子に対する演技は、さらにあざとく心苦しいときもある。
オーバーにくやしがるフリをしてみせるルパンの姿を真に受けて、見事に騙したつもりで「ごめんねルパン、今回はわたしの方が一枚上手だったわね」…などと彼女が喜んでいる姿は滑稽で哀しい。
だが、そんな愚かさが可愛らしくもある。
落とせない女などいないルパンにとって、どんなに追いかけても手に入れられない女…という設定自体がありえなくておもしろい。もし不二子の方から求めれば、逆にルパンは逃げてしまうのだが。
善悪の概念といったものに惑わされずに己の欲望だけを指針に突っ走れるという純粋さ、なにより手段を選ばないタフなハートが美しい。
もしも彼女がいなくなったとしたら、ルパンといえども大きな喪失感を感じるだろうし、おそらく不二子の代わりは他の誰にもできないであろう。
したがって、ルパンにとって不二子はやはり特別な存在である。

次元大介と石川五ヱ門。ルパンの右腕と左腕だ。
互いに認め合ったよき〈ライバル〉でもあり、命を預けられる大切な〈相棒〉だ。
彼ら2人と出逢えたことは、孤高の天才にとっての奇跡である。
自分と比べると全ての者が愚かで小さく見え、誰にも心を開くことのなかった孤独な魂が、ついに〈友人〉・〈仲間〉と呼べるような存在を得たのだ。対等の立場として会話ができるのも彼らだけだ。
そんな2人こそが、ルパンにとっての本当の宝であろう。

しかしながらルパンは、銭形や不二子はもちろんのこと、次元や五ヱ門に対してさえ自分の全てをさらけ出せているわけではない。
そもそもルパンは、自分の〈素顔〉を、彼らにすらまだ一度も見せてはいないのだ。
ドジなキャラを演じるための〈猿顔のマスク〉を、おそらく素顔だと信じているはずだ。
いや、次元だけは勘付いているのかもしれないが、次元の方からそのことを口にしたことはない。
マンガやアニメのファンたちも、あれが彼の素顔だと騙されている人が多いのではないだろうか?

稀代の天才であるルパンに憧れて彼の(素顔用マスクの)顔に変装したり、ルパンの名を騙ったりする者たちも多いようだ。
劣化コピーにすぎない偽者たちには当然、本物のような天才的頭脳もなければダンディズムもなく幼稚な三流悪党でしかない。
そんな〈偽ルパン〉を見分けるコツは色々あるが、例えば安っぽい〈赤いジャケット〉を着ているのは偽者の可能性が高いので要注意である。
ベンツSSKなどの高級クラシックカーを愛するルパンが、フィアットなどのスモールカーに乗っている可能性も低い。舌の肥えた彼がジャンクフードを食べることもほとんどないはずだ。
しかしながらそれは確率の問題であり、例外はもちろんあるだろう。
中央ヨーロッパのとある小国を舞台に彼が活躍したときには、ベンツではなくフィアット500を操り、張り込み時にはカップ麺を食べていたともいう。
変装と演技の達人である彼の正体を見破るのは大変であるが、〈ドジを装っている天才〉か否か、男も惚れるほどに〈カッコイイ〉かどうか、じっくりと見抜いていただきたいと思う。

b0030720_432882.jpg誰にも真実の姿や心の内を見せることがなく、その言動の〈全てが演技〉である完璧主義者。
そんな彼は、凡人の我々が想像できないほどの〈孤独〉や〈虚無感〉を常に抱いているであろう。

しかし、ルパンはまだ人生に絶望してはいない。
つまらない世界を、少しでもおもしろくしてやろうと今日も企んでいる。
黴臭い金庫にずっと閉じ込められているお宝があるなら、そいつを風に当ててやろう。
どこかの小悪党が度の過ぎた悪さをしているなら、ちょっとからかってからお灸をすえてやろう。

次は何をして遊んでみるかな?
いくぜ、相棒! ゲームを始めるぜ。




[PR]
by seikiabe | 2007-08-03 08:27 | 雑記


オルガンの調べ >>